ワクチンの成分(異物)に、過剰反応を起こしてしまい自分で自分の体を破壊してしまう…こんなことが、起こってしまうのです。「免疫」は私たちを”守るもの”ですが、ときには”攻撃するもの”でもあります。