1989年に、MMR ワクチンを接種で、この「無菌性髄膜炎」になる子供が多数発生し出したのです。・小児用肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン・3種混合ワクチンを接種を接種して亡くなったお子さんも約7例も報告されています。