薬を使わない

ストレス解消法|薬を使わず心と体のストレスを解消する方法

劣等感を克服して、自信を取り戻すには『自己を知れ!』

劣等感を克服して自信を取り戻すには、自己を知れ!


劣等感を克服して、自信を取り戻すには
『自己を知れ!』




劣等感を克服して自信を取り戻すには、自己を知れ!


前の記事で、

「自分を愛すること」
「自分を好きになること」
の重要性ついて

記事を書きました。


”自分への愛”がなければ、
他人を愛することができない。

だから、
「自分嫌い」を
治す必要性があるのですね。


ここで、
よく誤解されるのですが、
”自分を愛する”とか、
”自分を大事にする”ということは、

「自分に甘くする」
ということではありません。


自分に甘い生活を続けると
自尊心自信が持てずに
自分の人生にどこかしら不安感を
抱えて生きることになりかねません。


それから、
自分のことが好きで
楽しく生きていると思っている人でも、
心に強い「劣等感」を抱えているケースがあります。


心の中に「劣等感」があると、
自信を持てなかったり、
他人と比較してしまったり、
いつも他人の顔色を伺ったり
自慢話をついついしてしまったり…

こんな弊害がたくさん生じて
『恐れ』の動機の中で
生きてしまうことになります…


心の中に”劣等感”
かかえてしまっている人…

つまり、
“自分に自信を持てない人”
他人を愛することができないし
他人に『愛』を与えることが
できないのです。



それでは、
どうしたら自信が持てるか?
どうしたら自分を好きになれるか?
どうしたら劣等感を克服できるか?

その方法を
今回の記事で紹介していきます。


ここで紹介する方法は
全部で六つありますが、

全て私自身が毎日行っていることです。
自分でいろんな方法を実践して、
最も有効な方法を厳選しました。


クライアントさんにも、
いろいろアドバイスをして、
この方法を実践してもらったところ、

人生が180度変わったり

鬱から抜け出せたり、
薬を減らすことができた人が多数います。



しかし、何を言っても、
変われない人がします。

それは、
行動しない人です。

「あぁ、いい話聞いたなー」で終わったら
読む前と
何も変わりません。


少しでもこの記事に共感してくださったら、
是非、何度も読んで実践してください。


今よりよい人生にするため、
必要性を感じたかたは
ぜひ、取り入れてくださいね!


それでは、
方法論に入っていきます。



●方法①
”自分の思考・感情”を知る

 ●方法②
”感謝”の気持ちを持つ

●方法③
自分と相手を”許す”

方法④
”ベクトルの向き”を変える

●方法⑤
”フォーカス(焦点)”を変える

●方法⑥
”どうなりたいか?”を明確にする


 上記の六つの方法です。


それでは、
ひとつずつ解説していきます。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ●方法①
  『”自分の思考・感情”を知る
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


現代人は、「自分が本当はどうしたいのか?」
が分からないという人が
本当に多いです。


「自分には何が向いているんだ?」
「自分の天職は何だ?」
「やりたいことなんか、なにもない」
「自分の意見がない」
「毎日流されて生きてる」
「自分の感情をコントロールできない」


これを読んでいるあなたも、
上記の例の中で該当するものが
何個かあるではないですか?


これが「日本人は依存民族だ」と
海外の人に言われる原因だと思っています。



自分で考えて生きていない。
自分の人生を生きていない。
自分の意思・意見がない。
先生や親の期待に応えるために生きている。
なにも考えずにその日を過ごしている。
毎日同じ日の繰り返し…


これじゃ、
『鬱』になっても仕方ないですね。


”自分がない人”が増えている現代社会が
や自殺する人がが増えている原因だということは、
心理学を学んでから強く感じるようになりました。



これを克服するには、
どうしたらいいか?

それは、
『自分の感情・思考を知る』ことです。

そのために、
ペンが必要です。

ない人は、すぐに外に飛び出して、
コンビニで買ってください。


そして、とにかく、
「自分が今何を考えているのか?」
「自分が今何を感じているのか?」
を紙に書き出すのです。

思いついたときでいいです。

とにかく、”自分の感情や思考”を感じ
それを紙に書き出す


すると、
少しずつ自分自身が見えてきます。


自分のことが分からないから
鬱になるんです。

自分が何を考えてるのか分からないから、
ニートになってしまうのです。

だから、
『自分を知る』ことが最も先決です。



私事で恐縮ですが、
ここで少し、私の体験談をさせてください。


私は広島出身ですので
よく広島市内に出没するのですが、
広島の原爆記念公園の側をよく通ります。


あなたは、
あの公園中にある『平和の鐘』
見たことがありますか?


あの鐘には、
広大の初代学長が、
ある文字を掘っています。


それは、
何て書いてあると思いますか?


「原爆反対!」
「戦争反対!」
「安らかな眠りを…」

こんな文面を想像しませんか?


しかし、
全く異なる一言が書かれています。

私は初めてその文字を見た衝撃を
忘れることができません。


その文字とは、

『自己を知れ』

です。


戦争も、原爆投下も、
人間のエゴが作り出したものです。


私たち人間が、
自分の思考・感情を深く理解し、
「奪い合いや、恐れや、憎しみ」などの
『恐れ』を手放し


「思いやり、許し、感謝、貢献」などの

『愛』が人間の本質だと気づけたら
戦争は起こらないと言っているのだと思います。


ちょっと壮大な話に展開しましたが

『自己を知る』


”自分の感情””思考”を感じて理解する
ということを本気で行ってください。


おすすめの方法は、
毎晩決まった時間に
10分間日記をつけることです。

私は3年手帳を買って、
毎日欠かさず内省をしています。

継続は力なりです。


ぜひ、
自分との約束にして、
続けてみましょう!


この記事で完結する予定でしたが、
書き始めたらどんどん言いたくなって
1つしか言えなくなりました(笑)


だから、以下の

 ●方法②
感謝の気持ちを持つ

●方法③
自分と相手を許す

●方法④
ベクトルの向きを変える

●方法⑤
フォーカス(焦点)を変える

●方法⑥
どうなりたいか?を明確にする


これらは、
次回に回したいと思います。



長文を最後までお読みいただき、
ありがとうございます(´ω`)



前回の記事は、こちらです
   ↓
自分を好きになれない人は、
他人を愛することができない



 

この記事に関連する記事一覧

★期間限定★無料レポートプレゼント!!

人気の投稿とページ
アーカイブ
オススメサプリ
 
デート