薬を使わない

ストレス解消法|薬を使わず心と体のストレスを解消する方法

農薬の汚染問題…【農薬汚染食品】

imagesCAZJC5ZM



どんな食べ物が
農薬に汚染されているか?




いつも食べる果物や、野菜。。。
こういうページを見る方は、

『農薬』
が気になっていませんか?




有機リン系、カーバメイト系、
ピレスロイド系、有機塩素系…



様々な種類の薬品があり、
”危険なもの”は排除されてきました。




農薬については、
賛否両論があります。



だから、なにが真実なのか
判断することは非常に難しいですが
”化学物質”は体に入れない
にこしたことはないですね。




先日、あるニュースを見ました。


米非営利団体である
Environmental Working Group(EWG)が、
最も農薬に汚染されている
野菜+果物のトップ12を発表しました。



この団体は毎年恒例で
ランキングを出しています。



今回はもう第9回目となったのですが、
48の代表的な農産物が対象となっており、
大規模な試験が行われます。



調査の結果、なんと67%の食品が、
水で洗ってもなお農薬がこびりついている
状態
であることがわかったのです。。。




そんな恐怖の「Dirty Dozen」リスト
このような結果になりました。




2013年最も農薬に汚染されている
野菜・果物トップ12


1位 りんご
2位 いちご
3位 ぶどう
4位 セロリ
5位 桃
6位 ほうれん草
7位 パプリカ
8位 ネクタリン
9位 きゅうり
10位 じゃがいも
11位 チェリートマト
12位 トウガラシ

 
なんと、1位に輝いてしまったのは、
食物繊維も豊富でダイエットにも最適な

「健康フルーツの王様」
である
りんご





 




「りんごを皮ごと食べる」
ことを習慣に

している人も多いと思うので
そういう人にこの結果は衝撃ですね…



なんとこのりんごの試験では、
99%の確率で1つ以上の農薬検査が
「陽性」という結果になったそうです。



「農薬」
子どもの発達障害など

さまざまな健康問題を引き起こす
要因のひとつです。



今回のリストを見たら、今までよりも
「オーガニック食品」
魅力的に思えてきますね。




ちなみに、

残留農薬の少ない
クリーンな野菜・果物トップ15

(1) 玉ねぎ
(2) スイートコーン
(3) パイナップル
(4) アボカド 
(5) アスパラガス
(6) SWEET PEAS
(7) マンゴー
(8) なす
(9) ロックメロン
(10) キウイ
(11) キャベツ
(12) すいか
(13) スイートポテト
(14) グレープフルーツ
(15) マッシュルーム

ですので、参考までに★



農薬については、賛否両論あると
お伝えしましたが、
医薬品や農薬の試験は長くて数年の
短いスパンの毒性しか発見できません。



だから、医薬品でも、
市場に出回ってから副作用が見つかる
というケースが多々あります。



農薬に関しても、長期的に摂取したとき
どんな悪影響が出るかは、不明なのです




もし、
特定の農薬による悪影響が発見されても
国民には何も知らされず、こっそりと
政府が使用を中止して終わりです。



だから、自分の身は自分で守る
必要があるのです。





そして、今は、
環太平洋連携協定(TPP)が問題に
なっていますね。



TTPが受け入れられると、
日本でも、世界に合わせる形で
残留農薬の基準が緩和されます。



例えば、
有機リン系殺虫剤フェニトロチオンの
小麦への使用量が0.5ppmから10ppmに。


発芽抑制除草剤クロルプロファムの
ジャガイモへの使用量が
0.05ppmから50ppmに。。。


こんなに大幅に上がってしまいます。

数十倍~1000倍に基準が引き上げられます。




さらに、米国では収穫した農産物に

農薬をかけて保存性を高める
「ポストハーベスト」が認められています。


これは、果物や輸入小麦などで
使用されています。



日本の農薬取締法と農薬使用基準では、
収穫後の農産物は「食品」だから、
もちろん農薬の使用は禁止してます。


しかし、これが解禁されたら、
ポルトハーベスト農薬漬けになった食品
大量に安くスーパーに並ぶわけです。



もっと恐ろしい事実は、
「遺伝子組み換え食品の表示義務」も、
なくなる可能性
があるのです。。。




さらに、アメリカから
ホルモン剤を使った乳製品
どんどん入ってくるようになります。


アメリカでは、rbSTという
遺伝子組み換えの成長ホルモン
乳牛に注射して生産量を増やしています。

食に安さだけを追求することは、
私たちの命を削り、自分の子供など
次世代に負担を強いることになります。




その覚悟がなければ
TPPに参加すべきではない
と思います。




政治問題まで話してしまいましたが、
今日は長くなったのでここらへんで(^_-)





長文を最後までお読みいただき、
ありがとうございます。





★『読んで意識するだけで、
   心と身体がストレスとは無縁になる方法』
   メルマガの登録はこちらから
http://mail.os7.biz/m/hGB0


 

この記事に関連する記事一覧

★期間限定★無料レポートプレゼント!!

人気の投稿とページ
アーカイブ
オススメサプリ
 
デート