薬を使わない

ストレス解消法|薬を使わず心と体のストレスを解消する方法

スクラロースの毒性|人工甘味料の危険性②

imagesCAPHH6AN



0kcalの人工甘味料は猛毒②





前回の続きです。


今回は、「スクラロース」についてです。

スクラロース
は、
1999年に認可された新しい添加物です。




無題



ダイエット飲料、ダイエット食品、サプリ、
ドレッシング、デザートなど…

様々なものに使用されています。



imagesCAPHH6AN



少し専門的な話になりますが、
ショ糖という有機化合物に塩素がついた
「有機塩素化合物」に分類されます。



有機塩素化合物
天然には存在しません。



危険な有機塩素化合物の中には
「ダイオキシン」や「猛毒の農薬」など
環境ホルモンがあります。



スクラロースは環境ホルモンではないので
同じように危険というわけではありません。



しかし、自然界には存在しない
毒性の強い化合物がいる「塩素化合物」
食品に加えていいのかは疑問が残ります。



2003年の日本共産党の
「しんぶん赤旗」の記事です。

 ———————————————————————————–

井上議員は、
スクラロースを138℃以上で加熱すると

「塩素系ガスが発生する」

ことを明らかにしました。



政府が食品添加物に指定した2年後には、
国際学会でスクラロースが
DNA損傷をおこすことが報告されています。



————————————————————————————-



さらに、厚生労働省の安全審査で
毒性(動物)試験をしたところ、
9例中4例に下痢による流産が発生しています。



一時的な安全性はいろいろな実験で
証明されているようですが、
私たちの免疫や、ホルモンに
どう影響するかは解明されてません





”人間が摂取してもよい”という
許可が下りた塩素化合物は、

「スクラロース」
初めてで、ただ一つなのです。




さらにショックなのは、
スクラロースは新しい”農薬の研究中”
ちょっとしたハプニングで
発見されたという事実です。



怖いですね…((( ;゚Д゚)))



この他にステビアという人口甘味料も
避妊薬に使われていた経緯があり、
男性の精巣に悪影響があります。



シンガポールでは
ステビアを含む日本製の加工食品は
販売禁止になりました。



imagesCAC8N6TV




今回は長くなったので、
ここらへんにしておきます。




清涼飲料水で糖分を摂りすぎるのも
非常によくないですが、

カロリーゼロの人工甘味料
かなり危険ということです。



なるべく、
小さなお子さんには
食べさせたくないですね。




長文を最後までお読みいただき、
ありがとうございます(´ω`)



 

この記事に関連する記事一覧

★期間限定★無料レポートプレゼント!!

人気の投稿とページ
アーカイブ
オススメサプリ
 
デート