薬を使わない

ストレス解消法|薬を使わず心と体のストレスを解消する方法

DHA&EPAは効果がある?ない?を薬剤師が教えます

109337420


DHA&EPAは
 効果がある?ない?
  を薬剤師が教えます!




前回の記事では、

”脂肪酸の種類”と、”各脂肪酸の特徴”を
お伝えしました。
      ↓
体にいい油、悪い油(油の種類)


最も重要なことは、
Ω6系の脂肪酸を減らし
Ω3系の脂肪酸を増やす。
ということでしたね。



たったこれだけで、
本当に人生が変わります。




今回の記事では、
私がここまで断言する理由を
”DHA&EPAが効果がある”という理由を
科学的根拠に基づき説明していきます。



まずは、
『脂肪酸の体内での働き』を
見ていきましょう。



EPAとアラキドン酸(AA)の働き




特徴的な働きをするのは、
n-3系のEPA と、
n-6系のアラキドン酸(AA)です。


アラキドン酸は、ω6系の油である
  リノール酸から作られます。



なぜ、これらの脂肪酸が
特徴的かというと、

プロスタグランジン(PG)
トロンボキサン(TX)
ロイコトリエン(LT)

などの
「エイコサノイド」
よばれる生理活性物質が
作られるからです。



これらエイコサノイドは、
”炎症性の物質”です。



細胞膜が傷害された場合や
炎症が起きた場合に、
細胞膜からEPAAAが遊離し

PG などの炎症性物質が急速に作られます。








ここまで聞くと、
同じように炎症性物質が作られるので
”効果がない”
と思われがちですが、
ここに大きな違いがあります。



EPAからも
アラキドン酸(AA)からも
同じようにPGが作られるのに

産生された「PGの作用」
大きな違いがあるのです。



EPA由来、AA由来のPGは真逆の作用をする



たとえば、
アラキドン酸(AA)由来のPGは
血管をつまりやすくしたり、
血管を収縮させ細くするなど
強い「炎症反応」を起こします。



それに対して
EPA由来のPG は、
炎症反応を抑制する作用があり
AA由来のPGに拮抗するように
働きます。



上記の図のω3(EPA)
書かれている物質は

アラキドン酸に拮抗していることを
示しています。




つまり、
私たちの細胞膜を
作っている脂肪酸の中に

n-3系(EPA)が多いか、
n-6系(AA)が多いかによって、
全く違った生理作用が
体内で行われているのです。


つまり、EPAには
驚くほどの効果がある
言えるのです。


DHAの効果は書ききれなかっので
こちらに書きました。
      ↓
DHAとEPA効果の違い(頭がよくなるDHA)



そもそも、

「コレステロール値を下げたい」
という理由は



動脈硬化や高血圧、
脳梗塞などで血管が詰まるのを
防ぐためですよね?



「薬を飲む」より、
「油の種類を変える」方が
そういうリスクを減らすことができるのです。



だから、無理に薬を飲んで、
コレステロール値下げなくても

食事に気を付けたら
十分なのです。



ただし、
高血圧や糖尿病などの
基礎疾患まで発展している状態で、
高脂血症になっている場合は
薬も服用する必要があります。



しかし、
数種の基礎疾患を持っている患者さんでも
”自分の努力次第では、
  薬を手放すことも可能”です。




EPA/AAの比率が高い方が病気にならない



JELIS試験という
大規模な試験でも

血中のEPA濃度の上昇により

「主要冠動脈イベントリスクを
    有意に低下させる」

という結果が得られています。




平たく言えば、
高血圧、動脈硬化、心臓病、脳梗塞に
なりにくいということです。



そして、
国内の様々な研究でも

EPA/AAの比率が高い方が
心血管疾患のリスクを下げるという
データが
多く得られています。




ここまで書けば、
EPAに多大な効果があることが
わかっていただけたでしょうか?



なぜ、バランスよく
食事をとっている日本人が
生活習慣病だらけで、

なぜ、
脂っこいアザラシの肉
ばかり食べているイヌイットが
生活習慣病にならないか…



そこ答えが、
EPA /AA の比率なのです。


上記をみても、
サプリメントの選び方に迷うという方は
下記からご質問ください
   ↓
ご質問はこちらから




 

この記事に関連する記事一覧

★期間限定★無料レポートプレゼント!!

人気の投稿とページ
アーカイブ
オススメサプリ
 
デート