薬を使わない

ストレス解消法|薬を使わず心と体のストレスを解消する方法

子宮頸がんワクチンの真実と副作用③製薬会社の利益のために騙されている!?

028



子宮頸がんワクチン
サーバリックスの真実と副作用③

製薬会社の利益のために
騙されている!?

 


子宮頸がんワクチンの記事もこれで最後です。
3作とも読んでくださった方は、
子宮頸がんワクチンに対して
理解が深まったと思います。

前回の記事は相長かったので
今回は少し短めにします(笑)




2013年4月22日の北陸中日新聞の朝刊の記事を
引用してご説明します。



———————————————————————————————————————————————————

予防ワクチンの効果について議論する厚生労働省の
「ワクチン評価に関する小委員会」の複数の委員らが、
評価対象のワクチンの製造や開発を手掛ける製薬会社から
寄付金などを受け取っていたことが分かった。


厚労省などは
「金額も公開しており、問題はない」としているが、
「利益相反」を指摘する声も上がっている。

——————————————————————————————————————————————————————————-



以上の記事です。




委員である医師らが同省に申告した資料によると、
資金を受け取っていたのは6委員のうち4人。



20130423115255176_f9040977c9315119e8c1fad76cd168ac



提供していたのは、子宮頸がんワクチンを製造する
グラクソ・スミスクラインMSD。


あとは、
小児用肺炎球菌のファイザー、

インフルエンザ菌b型用ワクチンを研究、
開発している武田薬品工業などです。




大半が50万円以下だったみたいですが、
MSDから岩本愛吉・東大医科学研教授、
武田薬品から宮崎千明・福岡市立西部療育センター長が

「50万円超〜500万円以下」の資金
受領したとしています。




ワクチンに対する委員会は
2010年8月〜11年3月に開かれて、

上記の「3ワクチン」を含む
9ワクチンについて議論されました。



いずれも接種促進が望ましい」という結論に至り、
同省予防接種部会に報告されました。



この3ワクチンは2013年の4月から、
予防接種法に基づいて国が接種を勧奨し、
全額公費負担となる定期接種扱いになっています。




日本は欧米に比べて、
医学研究費の中で公的資金の占める割合が少ないので

医師が製薬会社から”資金提供”を受けることも
珍しくないというのが事実です。




各製薬会社も


「ワクチン開発のために専門家に協力を
 お願いすることは必要」(グラクソ・スミスクライン)


「医学の進歩をサポートする方法の一つとして
 寄付をしている」(MSD)


「利益相反の観点から厳格な審査をし、
 問題ない場合にのみ寄付金を出している」(武田薬品)


などと説明しています。


しかし、
市民団体「薬害オンブズパースン会議」の
事務局長の水口真寿美弁護士は

「公開しているからいい、というわけにはいかない。
 金銭的なつながりがある以上、
 判断にバイアスがかかる可能性は常にある。
 それを踏まえた上でのルールづくりが不可欠だ」

といいます。



私も、この意見に同感です。



医療従事者なら、
いかに製薬会社やメーカーと
医師が癒着しているかがわかっていると思います。



意味不明な接待や、飲み会
ゴルフコンペ、食事・お菓子の差し入れ
現金の譲渡などは日常茶飯事…




医師がメーカーさんと会った次の日から、
今まで使われなかった薬が
なぜか大量に処方されだす…


「あのメーカーさんから、お金もらったんだね」
と病院では看護師さんが噂している…



結局金かよ(笑)




こんなことは、どこの業界でもあるし
別に珍しいケースではないですが、
医療の世界も全く同じで、利益重視です。



医療ビジネスです。





「国がそんなことするわけない。」

「”公費”だから安全。」



などと安易な思考をするのではなく、
本質を見る目を養いましょうということです。





今回は、
全面的にワクチンと否定しましたが
すべての物事には裏と表があります。



だから、悪い面だけではないことも事実です。



なにが正しいか?は
読者の方の判断になりますが
人任せにしたり、国任せにする時代は
もう終わっています。



これからは
自己責任」の時代





不正需給のおおすぎる「生活保護」
見直される方針になっており、

「働かない人が、働いている人より
 いい生活をするのはおかしい」

という方に動いています。



「国が守ってくれる」なんて幻想は
抱かないようにしましょう。





それでは、今日はこのあたりで…




長文を最後までお読みいただき、
ありがとうございます



 

この記事に関連する記事一覧

★期間限定★無料レポートプレゼント!!

人気の投稿とページ
アーカイブ
オススメサプリ
 
デート