薬を使わない

ストレス解消法|薬を使わず心と体のストレスを解消する方法

電子レンジの恐怖



 

今日は衝撃の告白をしようと思います。

 



 



 



 

なんと…

 



 



 



 

…私の家には、電子レンジがありません

 



 



 



 



 

は?

 

って感じですよね?(笑)

 



 



 



 

要するに、

 

「電子レンジはやばいよ」ってことです!!

 



 



 



 

今や現代生活には欠かせないほど

 

普及している電子レンジ。



冷めた弁当や総菜、ご飯がほんの数秒で温まるし

 

野菜がお湯を沸かさなくても短時間で簡単に茹でられる。

 



 

更にはインスタント食品のほとんどは、

 

チンするだけで手間なく料理が作れてしまう。

 



 



確かに電子レンジは便利です。

 



 



 



 

しかし、その利便性を手に入れることによって

 

自分の健康を損ねていることをご存知でしょうか?

 



 



 



 

様々な研究発表がされており

 

既に電子レンジの有害性は実証されているのです。

 



 



 

しかし、現代社会では、残念ながらその有害性よりも

 

利便性の方が強調されています。

 



 



 

これも経済第一主義(金儲け主義)の社会が、

 

有害性を隠ぺいした結果です。

 

※これについては次の記事で書きます。

 



 



 



 



 



 



 

電子レンジは、電磁波(マイクロ波)を発生して、

 

食材の水分子を超高速振動させて周囲原子と

 

摩擦させることで加熱調理を行います。

 



 



電子レンジの害として

 


 



 



 

まずは、

 

①電磁波の害が考えられます。

 



 



電子レンジに使われているマイクロ波は、

 

人体に当たっても放射線のような発ガンの心配はないとされます。

 



 

しかし、部位によっては細胞内のたんぱく質が変性し、

 

白内障などを引き起こす可能性があるほか、

 

まだ完全解明されていない悪影響も心配です。

 



 



各メーカは、調理中にマイクロ波が外に漏れ出さないよう、

 

対策を講じており安全性に問題はないと言いますが、

 

作動中はかなりの電磁波が放出されています。

 



 

作動中に電子レンジの近くにいれば、

 

電磁波を大量に浴びることになります。

 



 

これを一日何度もそして何十年も繰り返すことによる

 

健康被害は必ずあると思います。

 



 



 



 

②発がん性の危険

 



 



 

超高速振動による摩擦熱での加熱調理では、

 

食品の分子・原子レベルで深刻な破壊活動がおきるので

 



 

栄養素が壊されるばかりでなく、

 

私たちの体内で代謝できない構造に変性します。

(ビタミンや、ミネラルは破壊されます)

 



 



 


ビタミンなどが破壊された野菜は、

 

分子レベルで破壊が起こっているので、

 



 



 



 



 

「野菜ではなく自然界に存在しない異物」

 

となってしまいます。

 



 



 




自然界に存在しない異物を

 

人間は消化・吸収・排泄することはできません。

 



 



 

また、一度体に入ってしまうと、

 

その異物は排出することが難しいので、

 

脂肪細胞や臓器などにどんどん蓄積されてしまいます。

 





 

一回の量ではたいしたことがなくとも、

 

何十年かけて蓄積されていけば、

 

人体に悪影響を及ぼし、癌になる可能性はあります。

 






 


 

という恐ろしい話です(-_-;)

 





 

次回は

 

電子レンジの実証された2つの研究データを

 

記載したいと思います。









 

この記事に関連する記事一覧

★期間限定★無料レポートプレゼント!!

人気の投稿とページ
アーカイブ
オススメサプリ
 
デート