薬を使わない

ストレス解消法|薬を使わず心と体のストレスを解消する方法

福島第一原発の”放射能被害”は終わったと思ってませんか?~汚染水問題~

20130608-2



福島第一原発の”放射能被害”は、
終わったと思ってませんか?
~汚染水問題~




2011/3/11の福島第一原発事故…



あの恐怖の事件から2年3か月

もう放射能についてはほとんど報道されず、
事実は隠蔽されたままですが
徐々に食や、環境に危険が表れてきました。



平和ボケしている人も多いとおもいますが、


本当の恐怖は、
これから表れます。



「食」に関しては、また後日書くので、
今回は福島第一原発の汚染水問題について
言及します。





「汚染水問題」





この問題に関しては、
カレイドスコープの記事を引用します。





構内にある放射能汚染水タンクからは、
これまでにも何度も
漏水トラブルが発生
しています。




6月5日のタンクからの漏水については、
さすがの東電もすぐにマスコミに公表
しました。





この漏水トラブルについて、
原子力規制委員会の田中俊一委員長は、
6月5日午後の定例会見で、



「(タンクの)継ぎ目のところでは、
締めが足りなかったらその程度の水漏れはある。
すぐに対応してもらえばよい。
そんなに問題視することはない




などと記者の質問に答えました。





これが、「最初の一滴」であることに、
彼は気がついていないのです。





規制委の田中委員長は、
締めが足りなかった」と言っています。





そのとおり。

タンクは溶接しておらず、
部材をボルトで締め付けてあるだけなのです。




大きな地震が来れば、
放射能汚染水で満杯になったタンクは、

左右に、上下に、ゆっさゆっさと揺さぶられ、
簡単にボルトが吹き飛んで、
タンクは破壊されてしまうでしょう。





そうした“ネジで仮止めされただけの
”汚染水タンクは、

原発構内にすでに数百基もあり、
今後、倍増されるのです。





地震(あるいは竜巻)によって、
何十万トンもの放射能汚染水が
原発構内に流れ出したとき何が起こるのか…




誰でも想像することができます。





2011年3月下旬、
3号機のタービン建屋地下1階で

床に溜まった汚染水に足首まで浸かった
作業員2名が福島県立医大に緊急搬送された後、
すぐ放射線医学総合研究所に移送されました。



しかし、
その後は消息不明です…




…(゚Д゚;)



原子炉を冷却した結果、
放射能に汚染された水には、
トリチウムというガンを引き起こす原因となる
重大な放射性物質が含まれています。





東電、そして国や政治家は知識がないのか、
あるいは今でも隠蔽しようとしているのか、

まったく情報を出しません。




反原発を訴えているはずの学者、
研究者などの“自称”専門家たちも、
トリチウムの重大な危険性については
口をつぐんています。





ほうぼうで講演会を行っている
反原発を標榜する研究者たち……




彼らは「専門家」を自称するも、
その実、ほとんど専門知識を持っておらず、

トリチウムの脅威については
意図的に話をそらそうとさえしているようです。





この種の人たちもまた、
知識不足からなのか、
あるいは金儲けのためなのか、

結果的に私たちを新たな脅威に
近づけているのです。





放射能は、
時間の経過とともに様相が変わってきます。



もっとも、
それは私たちに知らされていなかったことが、
徐々に出てきているだけなのかもしれません。





世界的な核物理学者と、
世界的な放射線医学の権威二人が、

トリチウムに汚染された福島
日本の将来について警告しています。





「福島第一原発からの
放射能汚染水が及ぼす影響」


(AKIO MATSUMURA FINDING
 THE MISSING LINK  6月5日)



福島第一原発の放射能汚染水の漏出は、
新たな問題となっています。




照射済み燃料は、
間断なく冷やし続けなければなりませんが、

その結果生じる高濃度の放射能汚染水を、
永久的、持続的に処理するための工程については、
東電は未だに考え出すことができていません。




東 電は、放射能汚染水から、
大部分の放射能を除去する工程は有しているものの、

トリチウム(非常に危険な発癌物質
の ような
放射性核種を除去することはできないまま、
安全基準をはるかに超える規模で、
そうした核種が集結しているのです。





東電は、
法律で定められているレベルまで

トリチウムを薄めるために、

”太平洋に放射能汚染水を

流し込んでしまいたい”

と考えています。





しかし、
東電に懐疑的な地元の漁師たちは、
この動きに反対しています。



その間にも、東電は
汚染水タンクに汚染水を貯蔵しているのです。




それらのタンクから汚染水が漏れ出していますが、
(麻痺してしまって)もう驚かなくなっています…


マーティン・ファクラーのNYタイムズの記事






東電は、結局は汚染水タンクの収量を
使い果たしてしまうであろうことを認めています。




”汚染された冷却水の管理”は、
2011年以降、東電が直面している
最も過酷で危険な問題なのです。





それでは、

これまで何回も出てきた
「トリチウム」について解説します。





ヘレン・カルディコット博士による


「トリチウムと原発の恐怖」



1)放射能汚染水から

 トリチウムを分離する方法はありません。


 トリチウムは、100年以上も放射性を
 持ったままの強力な発ガン物質です。


 トリチウムは、藻類、海草、甲殻類、
 そして魚などの水生生物に集中して蓄積されます。


 トリチウムは無味無臭で、目に見えないので、
 シーフードを含む食べ物の中に、今後何十年もの間、
 必然的に取り込まれてしまいます。


 それは、DNA分子の中で結合します。

 DNA分子の中では、後になってから、
 癌に結びつく変化が引き起こされる場合があります。


 トリチウムがDNA分子内で起こす変化は、
 脳腫瘍、赤ちゃんの先天性奇形、
 多くの臓器でのガンの原因となります。



 この「放射能汚染水」を
 永久に封じ込めておく方法はなく、

 
 今後、50年以上、太平洋に漏出することは

 避けられないのです。


 そのため、非常に恐ろしい事態が待っています。




2)ほとんどのガンには放射線が影響している

 
 福島周辺の多くの大地が汚染されてしまったので、
 茶、牛肉、ミルク、青菜、米などの食べ物は
 今後、数百年は放射能汚染されたままでしょう。




3)「除染」
という言葉は、誤っています。

 
 放射能に汚染された土壌、木材、葉っぱ、
 水から放射能を除去することはできません

 できることといえば、別の敷地に移すだけです。




4)「放射性廃棄物を燃やすこと」は、
 日本の汚染されていない地域を含む他の地域へ、
 ”ガンを誘発する原因”を
 拡散すること
に他なりません。




5)
ガンの発症までには長い潜伏期間があります。

 放射能に汚染された食物を食べ、
 汚染された空気を吸った後、2年~80年です。




6)
日本は、高線量の溶けた核燃料や燃料棒を、
 いったいどこに置くのでしょう…

 
 地震で引き裂かれる日本列島に、
 この死の物質を保管できる安全な場所などありません。



7)これらの放射性元素は、
 絶え間なく水と海洋へ漏出したり、
 大気中に放出されます。

 未来の世代へ向けて、必然的に、
 先天的奇形、癌、遺伝的欠陥の発生率が、
 時間の経過とともに増加していくことになるのです。




8)
子供は、成人が受ける放射能による発ガン効果の
 10倍~20倍もの影響を受けます。
 (幼い女子は、幼い男子の2倍の感受性が高い)


 さらに胎児は、成人の数千倍
 放射能に対して感受性が強いのです。

 
 特に、妊婦の腹部へのX線は、
 子供の白血病の発症率を2倍にします。



引用ここまで…




こんな問題が起きていることを
ご存知でしたか




さらに、
今年2月の毎日新聞の記事を紹介します。



『甲状腺がん、新たに2人
他7人に疑い』


毎日新聞
2013年02月13日20時40分


福島県が行っている
子ども(震災時18歳以下)の甲状腺検査で、
新たに2人が甲状腺がんと診断されたことが、
13日の県民健康管理調査の検討委員会で報告された。


昨年9月に判明した1人と合わせ
計3人になった


他に7人に甲状腺がんの疑いがあり、
追加検査を行う。



新聞記事ここまで…



福島原発での、「小児甲状腺がん発症率」
チェルノブイリと同程度かそれ以上になる
言われています。



今でも、都心あたりまで、
ずっと放射能は出続けており、
あの恐怖はずっと続いているのです。




感度の高い人は、
東京にいっただけでも、
頭痛で動けなくなるといいます…




福島の住民(特に子供)を早く地方に
避難させることが、
政府が一番にすべきことだと思います。





しかし、この汚染水の問題で、
福島だけでなく、
日本全体が危機に瀕していること



東電の場当たり的な対応で
放射能がずっと漏れ出していること。



私たちの周りは
ずっと危険に満ちていることが
お分かりいただけたと思います。




自分たちにできることは
なにか?

これを考えていく必要がありますね。



次の記事は、
放射能から身を守る方法
書いていきます(´ω`)





★『読んで意識するだけで、
 心と身体がストレスとは無縁になる方法』
 メルマガの登録はこちらから
http://mail.os7.biz/m/hGB0

★メルマガバックナンバーはこちらから
http://mail.os7.biz/b/hGB0

★ご意見・ご質問はこちらまで
http://form.os7.biz/f/678324d2/

★★★ホームページ★★★
http://entertainerssho.info/

★★★アメブロ★★★
http://ameblo.jp/robinmask692000

あと、こんな話に興味がある方は
ぜひ、こちらのグループに(´∀`)

「薬を使わず心と体のストレスを解消する方法ページ」
https://www.facebook.com/groups/385699811548126/








 

この記事に関連する記事一覧

★期間限定★無料レポートプレゼント!!

人気の投稿とページ
アーカイブ
オススメサプリ
 
デート