薬を使わない

ストレス解消法|薬を使わず心と体のストレスを解消する方法

《恐怖のマクドナルド②》ハンバーガーを「食べ物」と認識するのは人間だけ



《恐怖のマクドナルド②》
ハンバーガーを「食べ物」と
認識するのは…人間だけ





まず、最初にお伝えすることは
マクドナルドのハンバーガーは

「腐りません」


これは、意外と知っている人は知っている
有名な話なのです。


そんな「腐らない実験」を行っている
面白いサイトをご紹介します。



979日後のハンバーガーとポテトの状況画像
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52112525.html


これが979日後の画像です
 

食べれそうですね(笑)





ちなみに、下記の動画は1989年
マクドナルドのハンバーガーを
購入した男性の話です。。


20年経っても、
まだハンバーガーは腐らなかった…



今や彼は、
「非腐敗性ハンバーガー博物館」
地下室に持つに至っているとか(笑)




でも、なぜ?

なぜ腐らないのか??



疑問ですよね?




その理由は、
少しひどい表現ですが

「食品」ではない
からです。





実は、マーガリンも食品ではありません。
バターよりヘルシーなんて思っている人は
まさかいませんよね?


マーガリンの構造式は
ほぼ「プラスチック」のようなものです。



マーガリン
を屋根裏に放置して
20年たっても、全く変わらないのです。
ネズミも、虫も見向きもしません(-_-;)



ついでなので言うと、
ポテトチップスも何十年も腐らないし、
加工ソーセージや加工された保存用肉は
何年保存しても腐らないのです。


あの肉はやばいのでなんとなく
腐らないのは想像していましたが、
パンが腐らないというのは不思議でした…




なぜ、パンが腐らないのか? 




パン屋で売られているようなパンは、

ほとんど賞味期限1日ですよね?


それから、小学校のときの
給食のパンを思い出してください…


あれ、不味いですよね?笑
私はめちゃくちゃ嫌いでした(^^;)


まずいので
しょちゅう残して机の中に入れて残していました。


そして、夏休み明けて登校したら

なんと私の机にハエが大量発生して
腐って緑になったパンにたかっていた
気持ち悪い光景をよく覚えています(笑)




数日もすれば

カビが生えはえるのを考えると、
実に恐ろしいことですね。



数年前のデータですが、

マクドナルドのパンには
以下のものが入っています。




濃縮小麦粉 (漂白小麦粉、大麦麦芽粉、
ナイアシン、還元鉄、硝酸チアミン、
リボフラビン、葉酸、酵素)
 水、高フルクトース・コーン・シロップ
砂糖、イースト、大豆油
塩、硫酸カルシ ウム、炭酸カルシウム、
小麦グルテン、硫酸アンモニウム、
塩化アンモニウム、ステアロイル乳酸ナトリウム、
ダーテム、アスコルビン酸、
アゾジカーボンアミド、
モノ&ジ・グリセリド、エトキシ化モノグリセリド、
第一リン酸カルシウ ム、酵素、グアーガム、
過酸化カルシウム、 大豆粉、
プロピオン酸カルシウム
プロピオン酸ナトリム、大豆レシチン


パンだけで、こんなにですよ…



さらに、

またマクドナルドの小麦には
大量の農薬が使われているとも
よく言われていますね。



さらに、ハンバーガーの肉ですが、

マクドナルドのHPには



「マクドナルドのビーフパティの材料には
 オーストラリア産・ニュージーランド産
 100%ビーフを使用しています。」

という記載があります。


この「ビーフ100%」が曲者です。



最近、よくこの100%を売りにする
ハンバーガーショップが多いのですが、
科学調味料を「たんぱく加水分解物」
置き換えるという方法を使ってます。

「たんぱく加水分解」は説明すると長くなるので
以下のサイトを見てください。


http://www.ucoop.or.jp/shouhin/qa/et/etqa_5618.html
http://www.inkan-j.com/mt/2009/07/post-74.html



つまり、「成型肉」に脱臭処理をほどこし
牛の皮内臓眼球などの食肉には
向かない部位を「タンパク加水分解物」して
他の脂身の多い肉からとった牛脂
添加しただけの屑肉なのです。


さらにこの「肉」は年老いた老廃牛
と呼ばれる乳牛としての役割を終えた老牛で
牛の身体の組織は枯れ、肉牛としては最悪…
という牛の肉がほとんどです。


マクドナルドがそうかどうかは
わかりませんが、

海外のハンバーガーチェーンは
畜肉臭を消すために「サイクロデキストリン」
などの食品添加物も使います。




1個のハンバーガーには、
調味料なども含めて、
約70種類もの食品添加物が
使用されていると言われています。


これが、
マクドナルドのハンバーガーを
人間以外が食べようとしない理由です。



「食べ物」ではないと
思っています。



■「スーパーサイズ・ミー」

という映画をご存知ですか?
2004年に公開され、世界でヒットした映画です。


監督のモーガン・スパーロック氏自ら、
一ヶ月毎日三食、ひたすらハンバーガーチェーンの
ハンバーガーを食べ続けたという、
米国のドキュメンタリー映画です。

さすがアメリカですね(笑)


さて、一日三食、ハンバーガーばかりを
食べ続けた結果どうなったのでしょうか?


医者も太鼓判を押していた
モーガン・スパーロック氏の健康体は、
5日目で4.2kg増えました。

168だった総コレステロール値は、
18日目には225に。

勃起も不全…鬱状態になるのですが
ハンバーガーを食べると気分爽快になり、
さらに食べたくなっていきます…


そのうちに、
ハンバーガーを食べると吐くようになります。


医師からは中毒症状と診断され、

「直ちにハンバーガーを
 食べるのをやめなさい!!
 でないと死亡する!!」

と最終警告を受けます。



一ヶ月間ハンバーガーを食べ続けた
体調の変化の記録と同時に、
『現代の子供たちが置かれている
食環境の劣悪さ』
が描かれています。




気になる方は
ぜひ見てください(*^_^*)


散々書いてきましたが、
僕はマクドナルドを否定しているわけでは
ありません。



どちらかというと
マーケティングの見本とも
思っております。


マクドナルド「ファストフード」という身近で、
かつお金がかからない庶民の味方です。


しかし、「安さ」や「低価格」を好む消費者が、
経済の循環を抑える一因になっていることと
『自分達の食』を犠牲にしていることは
頭の隅にでも入れておいてもいいと思います。



散々ひどいことを言ってきたくせに
と思われるかも知れませんが
「騙されていた…」なんていう
『被害者意識』を持ってほしくないです。




「安さ」「低価格」のみを要求していた
私たち消費者にも責任があります。




マクドナルドの創業者の藤田さんをはじめ
食品業界のお偉方たちは
”私たちの健康を奪うため”
働いているわけではないのです。




彼らは単なる「ビジネスマン」ですから
我々消費者が「安全・安心」要求すれば
企業は安全な食品を提供してくれます。



その方が「利益」につながるから。


 




もし、この考えに共感してくださったら
ぜひ、コメントを残してください(*^_^*)

打たれ弱いので
誹謗中傷は、やめてください(笑)





長文を最後までお読みいただき、ありがとうございます(´ω`)


あと、こんな話に興味がある方は
ぜひ、こちらのメルマガに(´∀`)


「薬を使わず心と体のストレスを解消するメルマガ」
http://mail.os7.biz/m/hGB0

 

 

この記事に関連する記事一覧

★期間限定★無料レポートプレゼント!!

人気の投稿とページ
アーカイブ
オススメサプリ
 
デート