薬を使わない

ストレス解消法|薬を使わず心と体のストレスを解消する方法

動物性の油より、植物油の方が危険って知ってました?

imagesCAGB7ZY3




動物性の油より、
植物油”の方が危険!?

 

最近油について、
質問されることが多いので
今日は「油」についてです。


このテーマで先日ミニセミナーを開きましたので
そこでお話しした情報もシェアしたいと思います。



結論からお話しすると、
題名通り、
ヘルシーそうな植物性の油より
動物性の方がましだということ。

つまり、
動物性より植物性の油の方が危険かも?
ということを説明していきます。

 

もっと詳しく言うと
植物性の油の中に、
人体に悪影響を及ぼすものがある
のです。


それらの油は
大豆油、ゴマ油、コーン油、紅花油、なたね油
など

普段私たちが調理で使う植物油です。



食品名でいうと、

【マーガリン、マヨネーズ、ドレッシング、
 ファーストフード、フライ、ポテチ、etc…】



私たちが普段から
食べているものばかりです!



これらの油の摂りすぎで、

アレルギー、高血圧、癌、心疾患の
リスクが上昇する。


さらに5年間多めに摂取することで、
明らかに”発がん率”が上昇する
というデータもある
のです。



だから、普段使っている植物油
「大豆油、ゴマ油、コーン油、紅花油、なたね油」
などの 高リノール酸の油を加熱調理に使うと、

トランス脂肪酸が発生してしまいます。



※このトランス脂肪酸については、
 こちらの記事を参考に↓


あなたの老化と肥満の原因の
99%は[トランス脂肪酸]


体にいい油、悪い油をの違いとは?
(トランス脂肪酸は絶対摂るな!)


 


トランス脂肪酸
は、

悪玉コレステロールの上昇動脈硬化

 心臓疾患ガン免疫低下認知症不妊
 アレルギーアトピーなどへの悪影響】

が報告されています。



マーガリンには
「トランス脂肪酸」が多く含まれますが、

摂取カロリーの2%を
「トランス型脂肪酸」でとると、
糖尿病のリスクが39%も高まる

というデータまで出ています。




今すぐにできることは、

①マーガリンを使用しない
②加熱調理にはオリーブ油を使う
③マーガリンや植物油を使用した加工食品は買わない
④健康エコナは買わない

(2013年現在、エコナは販売停止になってます)


 以上です。

 

コレステロールが気になる人に向けて
記事も更新しています★

       ↓
DHA&EPAは効果がある?ない?


あと、ご希望の方には、
今回の油についてまとめたPDFファイルを
プレゼントします。

       ↓
よかったら、
油の資料(pdf)無料プレゼント
こちらからダウンロードしてください。




長文を最後までお読みいただき、
ありがとうございます(´ω`)



 

この記事に関連する記事一覧

★期間限定★無料レポートプレゼント!!

人気の投稿とページ
アーカイブ
オススメサプリ
 
デート