薬を使わない

ストレス解消法|薬を使わず心と体のストレスを解消する方法

『トランス脂肪酸』…糖尿病、癌、アトピー、動脈硬化、高脂血症、老化の引き金!?

imagesCA719LHT



『トランス脂肪酸』…
糖尿病、癌、アトピー、動脈硬化、
高脂血症、老化の引き金!?



という怖いタイトルですが、
これはほぼ間違いないですビックリマーク

動物性の油より、植物油の方が危険!?



体にいい油、悪い油をの違いとは?
(トランス脂肪酸は絶対摂るな!)

      ↑
油についてはこの記事に書いてます。


皆さんもよく耳にする【トランス脂肪酸】
これは「狂った脂肪酸」と呼ばれています。


この【トランス脂肪酸】は、
マーガリンのような加工油脂やスナック菓子、
インスタント食品などに含まれる
非常に危険な脂肪酸の一つです。

植物油は、
本来常温で液体です。


マーガリンや、クリーム、飴などに含まれる油は
個体ですよね?


これ、
おかしいと思いませんか???




なぜかというと、
「液状」
の状態では商品にならないので

「固形」にして”商品”として
販売する必要があります。


その際、「水素を添加」して
飽和脂肪酸というものに変化させるのですが、
この作業の段階で発生するのが

【トランス脂肪酸】なのですひらめき電球

【トランス脂肪酸】
常温でも固形を保つことができ、
形状が劣化がしにくいという特徴があります。


そのため様々な食品に用いられているのです。


しかし、【トランス脂肪酸】は
体内で代謝されにくいので、
人体の健康に様々な悪影響を及ぼします。


それはそうですよね?

天然には存在しない
「人工の油」なのですから。


【トランス脂肪酸】には
体の役に立つ機能などありません。


逆に老化ガンの原因になる

「活性酸素」を大量に発生させ、

他の重要な脂肪酸の機能を妨げ、

人間の体を破壊し機能異常を起こします…


難しい話ですが
【トランス脂肪酸】細胞膜
ダイレクトに悪影響を及ぼすのです。




●トランス脂肪酸の危険性注意

 

①動脈硬化や心臓病

 ほぼ「トランス脂肪酸」が原因で発症…

 善玉コレステロールを減少させて
 悪玉コレステロールを顕著に増加させます。

 

②アレルギー(アトピー、喘息など)

 アトピーも油を変えるだけで

 多くの人は完治してます。

 

③認知症、痴呆症

 今、高齢者にめちゃくちゃ多いです…
 マックを多く食べている人ほど、
 脳細胞が破壊されスカスカになることが
 証明されてます。

 

④がん

 体内の酸化が進み、
 細胞の「遺伝子」が酸化されてガンになります。

 トランス脂肪酸が大量に発生させる活性酸素は、
 あらゆる物質のなかでも、もっとも深く
 がんの発生にかかわってます


 

⑤糖尿病

 トランス脂肪酸が細胞膜の
 構造を不安定にするため、

 いくら体がインスリンを分泌しても、
 それを受け取る細胞膜の受信機能が衰えます…

 若年性の糖尿の子は、
 ほぼマック生活をしてます…あせる

 

⑥脳へのダメージ

 
 脳の60%は脂質で構成されています。

 トランス脂肪酸は、
 この大事な脂肪酸の働きを阻害して、
 脳の神経伝達を狂わせます。





韓国では、
製菓メーカーらが2007年初から相次ぎ
「トランス脂肪酸ゼロ化」を宣言しています。


オランダでは
【トランス脂肪酸】を含む油脂製品を
販売禁止しています。



デンマーク
では、
販売される製品に含まれる【トランス脂肪酸量】を
「油脂100gあたり2g未満」にする制
が設けられています。


ドイツでは
マーガリンの使用が制限されていますし、


シンガポールでは、
政府がトランス脂肪酸の使用制限
取り組み始めました。


ニューヨーク市は、
全米の「トランス脂肪酸量表示義務」に加え、
2007年6月に外食産業での
「トランス脂肪酸使用禁止」を打ち出しました。


ニューヨーク市民では
トランス脂肪酸がトリガーとなる
心臓病患者が増加
死因の40%に及んでいるようです。

しかし、
日本国内では指摘や警告はあるものの
トランス脂肪酸に対する規制はありません(´Д` )


添加物のところでもお話ししましたが
日本は基本的に「国民を守る姿勢」
海外に比べて薄いです。



私たち自身が
「自分の身は自分で守る」
と決意して生きる必要があります!!


ご希望の方には、
今回の油についてまとめたPDFファイルを
プレゼントします。

       ↓
よかったら、
油の資料(pdf)無料プレゼント
こちらからダウンロードしてください。



こんな危険なトランス脂肪酸…


タイトル通り、
少量の摂取で病気になる確率が跳ね上がり
老化が急速に進みます…



スリムな体型でかつ若々しい人で、
毎日マックに通っている人なんて、
絶対にいないですよね?



悪影響はすぐにでないので今はいいですが
5年後、10年後になって後悔しても
もう元に戻ることはできません。


意識するなら、
早いほうがよりいいですね。



コレステロールが気になる人に向けて
記事も更新しています★

       ↓
DHA&EPAは効果がある?ない?


マクドナルドなどのファーストフードと
トランス脂肪酸についてはこちら
   ↓
《マクドナルドのトランス脂肪酸》
ファーストフードとトランス脂肪酸



長文につきあっていただけ、
ありがとうございました。

 

この記事に関連する記事一覧

★期間限定★無料レポートプレゼント!!

人気の投稿とページ
アーカイブ
オススメサプリ
 
デート