薬を使わない

ストレス解消法|薬を使わず心と体のストレスを解消する方法

アトピー性皮膚炎とステロイド





現代医療のガイドラインでは、


「アトピーにステロイドを使う」


ことが推奨されております。










以下、ガイドラインの1部です。






アトピー性皮膚炎の炎症を速やかにかつ確実に鎮静させ、


患者の苦痛を取り除ける薬剤で広く使用でき、


その有効性と安全性が十分に評価されているものは


現在のところステロイド外用剤の他にはなく、


如何にそれを選択し、使用するかが治療の基本となる。










というようにステロイドを使用することが


第一選択になります。










私も何箇所か皮膚科の処方は経験しておりますが、


ドクターによってステロイドの使用量、使い方は


全く変わるので、病院によっても違います。






多少の違いはあれ、どこの病院も


『短期集中でステロイドを使い、


すぐに非ステロイドに切り替える』


というのが主流になっております。










ステロイドについては、賛否両論がありますが


私は、ステロイドの使用は賛成派です。










ひどい病態を抑えるのに、


ステロイドは必要不可欠です。










しかし、


長期使用は絶対にオススメしません。










軽度のアトピーは、成人になるにつれて


治るケースが非常に多いです。






成人になるにつれて、


交感神経が優位の白血球が過敏な状態から


正常の白血球パターンになり、


自然治癒に向かうことが多かったのです。










しかし、近年は


成人アトピーが増えてきております。






原因は「ステロイドの使用」です。










幼少期、少年期にステロイドを長期使用すると


自然免疫が起こらなくなる可能性があります。






ステロイドは、組織に沈着して、


後々まで悪影響を及ぼします。


諸刃の刃です。










評判のいい病院を選び、


そこの先生と治療方針をしっかり相談して


ステロイドを適正使用することをおすすめします。














とりあえず、


今日はこのへんで!



ご覧くださり、ありがとうございます(^-^)


 

この記事に関連する記事一覧

★期間限定★無料レポートプレゼント!!

人気の投稿とページ
アーカイブ
オススメサプリ
 
デート