薬を使わない

ストレス解消法|薬を使わず心と体のストレスを解消する方法

アトピー性皮膚炎と腸内環境





アトピー治療法の続編です。










この前、予防医療健康大学で


「腸のセミナー」をしました。






ここでも改めて



私がアトピーを克服した大きな要因に、


腸内環境が関わっていたと感じました。










前回の記事で、


アトピーは、免疫の異常だと書きました。










現代の環境は、食べ物から環境までかなり汚染されていて


その影響で、人間の体がかなり影響を受けてます。






免疫のバランスが崩れるのも


当然ですね。










今、すごく増えている花粉症


これもアレルギー。


つまり、免疫の異常です。










なんの変哲もない花粉に、体が過剰反応して


自分自身を攻撃しまっているのです。










この免疫ですが、


なんと腸に70%以上も免疫細胞が集中しているのです。










腸管にこんなに多くの免疫細胞が集まる理由は、


単純にウィルスが腸から吸収されるからです。










私たちが日々、口に入れられる飲食物には


多くの細菌やウイルスなどが含まれています。






それらの侵入経路は、


「腸の粘膜」が最も多いといわれてます。










病原菌などの外敵を素早く見つけて排除するため、


免疫細胞は24時間、常に腸を守り続けています。






つまり、腸が人の体で最大の免疫器官なのです。


そしてこの腸内の免疫」と「腸内細菌」は


密接な関係をもっています。














東海大学医学部では無菌マウスを用いて、


「腸内細菌叢のアレルギー発症に及ぼす影響」を


明らかにした研究がされています。










医療現場でも、「ビフィズス菌」は薬になってます。


「ラックビー」「ビオフェルミン」など


病院で処方された方も多いと思います。










この様にアトピーと密接にかかわっている腸内環境。


そして腸内細菌。










いろんな乳酸菌の商品があるし、


ヨーグルトもいろんなものが出てますよね。










しかし、効果的に腸内環境をよくする知識をもっている人は


圧倒的に少ないのが現状だと思っています。










ネットでも様々な腸内環境の情報が出回り、


どれが本物かわからないですよね。










そこで、次の記事から


アトピー改善に役立つ


腸内環境改善について、


書いていこうと思います。










セミナーでお伝えしたこともここで書いていきます!










当日来ることができなかった方も、


ぜひ読んでください。













 

この記事に関連する記事一覧

★期間限定★無料レポートプレゼント!!

人気の投稿とページ
アーカイブ
オススメサプリ
 
デート