病気の原因が「精神的ストレス」かも…

 

の場合が意外と多いです!!

 



 

友人がストレス解消に悩んでいたので、

 

今日はこのテーマでお伝えします。

 



 



病気の原因の大半は、日ごろの生活習慣や思考パターン

(考え方・受けとめ方)の無理から来ています。

 



 



だから、症状を改善するためには、対処療法だけではなく

その原因である、生活習慣や思考パターンの改善が必要になります。

 

原因を改善しない限り、いくら治療してもいつまでも同じ症状で

苦しまなくてはならなくなります。

 



 



 



 

【症状とその原因となる心理的背景】







●胃腸の不調:不平、不安、心配、受け入れられない

●不眠:恐れ、不平不満

●腰痛:環境に適応できていない、その場から逃げ出したい

●肩こり:対人関係、仕事の悩み、不満など

●頭痛:自己批判、自分はダメな人間だ、何とかしなくてはいけない

●更年期障害:自分が必要とされていない

●関節炎:過去を後悔する、他人批判

●肥満:保護されたい

●気管支炎、喘息:争いの環境、緊張のある家庭環境




例を挙げると、上記のようなものがあります。






たとえば、腰痛の原因の8割は心理社会的要因であり、

その場合に治療的行為を行うと、かえって再発率が3倍に高まる

とある学会で報告されているケースもあります。

 



 

薬などの対処療法だけではなく、

 

その背景にあるものを改善する必要があります。

 



 

リラクセーション法などにより、症状を引き起こしている

「脳の緊張・疲労・ストレス状態」を解消することも手段の一つですね。

 



 

その上で、考え方・受けとめ方の問題に自ら気付き、

 

それを改善することです。

 



 

”心配・不安・怒り”などの体験に対して、

 

闘うか逃げるかの対応をするのではなく、

 

不快な体験も自分にとって意味ある体験として

肯定的に受けとめる「自己受容」を心掛けることもいいですね。

 



 

それらの結果、薬に頼らなくても、

 

健康にイキイキ生きることができるようになります。

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.