薬を使わない

ストレス解消法|薬を使わず心と体のストレスを解消する方法

スピリチュアルなんか、やめちまえ!!(後半)

115_17323816


スピリチュアルなんか、
やめちまえ!!(後半)





さて、
前回の続きです(^_-)



簡単に前回の記事をまとめると、


スピリチュアルにハマる人は

「なぜ生まれたのか?」
「生きている意味はなに?」
「どーしたら幸せになれる?」


という『答え』を知ることを
目的にしている。



こういう”迷ってしまう人”が多いから
手軽に「共感」「癒し」を入手できる
『スピリチュアル産業』が隆盛している。




そして、
スピ系に足を踏み入れる多くの人は
「今が苦しい…」
「今が不幸だと感じている…」
から救いを求めている。


だから、
大金を叩いてセミナーに通ったり、
逆に苦しくなってしまう人もいる。


※しかし、素敵なヒーラーさんに会って
 幸せになっている人がいるのも事実。



そして、スピリチュアルにはまっても、
『自己完結型』の生き方だと、
”本当の幸せ”を感じにくい…
というお話もししました。



うつの人も、ほぼ”自己中”で、
”自分以外”のことに
目を向けることができない。




 



そして、この鬱の原因は、
神経伝達物質の”セロトニン”
欠乏するという脳の機能障害。


ということをお話ししました。




 




前置きが長くなりましたが、
この記事を書くことで
でなにが言いたいのかというと



「セロトニン」を増やし
自己中心的な生き方から
「つながり」を大切にする生き方
にパラダイムシフトする。




こういう生き方をすることが
一番幸せを感じることができ、
ストレスから解放される方法
です。



 



だから、スピリチュアルを学んでも
幸せになれないとか苦しいのであれば
やめてしまえばいいんです。



ただ、このような
「生き方」「考え方」
にパラダイムシフトすればいい。



 


ちょっと専門的な話になりますが、
【ドーパミン神経】【セロトニン神経】
の話をします。



このドーパミン、セロトニン
「神経伝達物質」です。

 

神経伝達物質とは、私達の脳のシナプス
情報伝達をしてくれる物質ですね。

      ↓


 



”ドーパミン”は、ひらたくいえば
快感を増幅する神経伝達物質
のことです。



快楽を司るので
【報酬系】と呼ばれたりします。



「目標」を立ててばく進していき、
「目標達成」して喜びを得るときなんかは
このドーパミンがガンガン出ています。



それに対し、”セロトニン”
「落ち着きと安定感をもたらす神経伝達物質」
と言えます。



セロトニンが不足すると
うつ状態やパニック発作、摂食障害
不安状態
などを引き起こします。




 




仕事なんかをバリバリやっていて
常に目標や目的を持って生きていた人が
仕事をやめたり、目標を失ったりして
鬱になったりしますよね?



これは、ドーパミンの報酬系から
セロトニンの神経の切り替えが
できなかったために起こります。



一昔前の日本は、
従業員は「会社のため」という
『企業戦士』の時代でした。


「会社のために貢献する」という目標があり
社内の皆でひとつの目標にむかって
突き進んでいました。



だから、
ドーパミンの報酬系で精力的に働け、
うつになる暇などなかったのですね。




 



しかし、今は簡単に会社から捨てられる…

「会社のために生きる」
という価値観が
なくなってしまった時代になりました。



だから、迷いが生じて、
「答え探し」をして迷子になり、
鬱になったりする人が多い時代になりました。



この時代についていくためにも
ドーパミンの報酬系ではなく、

セエロトニン神経に
切り替えることが大切
です。




だから、うつに使う薬は
「SSRI」といって
脳内のセロトニンを増やす働きをします。




 



しかし、薬剤師の私からしたら
うつなどの精神系の薬を飲んで
脳の神経伝達物質をコントロールすると
非常に危険です。




自分で自分の脳の働きを
コントロールできなくなる…




つまり、薬を飲まないと
セロトニンを正常に分泌できなくなり
脳の機能がおかしくなってきます。




さらに、マニアックな話ですが、
今年1月、うつ病治療の中心的な薬剤の
SSRI、SNRIの添付文書が改訂され、



18 歳未満の患者への使用
自殺企図のリスク増加に関する注意書きが
追加されました。



「こんなん危ないもん使って
 病気が治るのかよ!?」


って感じですね…(^_^;)



しかし、
薬が必要なレベルの人もいるので
薬を100%否定して「飲むな」とは言えませんが

自分でコントロールする力のある人が
薬を飲んで壊れていくのは
はなはだおかしいことです。




ちょっと脱線しましたが、



「産業」の時代
から
「心」の時代に移り変わったと
前の記事で言いましたね。



この”心”の時代は言い換えると、
”人とのつながり”の時代
ということです。
 


だから、
「セロトニン」を増やし
自己中心的な生き方から

「つながり」を大切にする生き方
シフトする。



これを実践するためには
「コミュニティ」を大切にすることです。



なぜかというと、
セロトニンは「共感の脳」で分泌されます。



だから、人とのつながり
”コミュニティ”を大切にすることで
”人とつながる”ことでセロトニン神経が
活性化
されるのです。

 
 



私が、facebookページとは別で
【グループページ】を作っているのは
そういう意味でもあります。



少し生意気なことを
言っているかもしれませんが、


同じ価値観の、意識の高い人の場を作り
「つながってほしい」という願いがあります。




 




そして、”つながり”を意識する以外で
簡単にセロトニンを出す為の、
具体的なトレーニング方法は、



「腹式呼吸をする」

「朝一番に太陽の光を浴びる」

「トリプトファン+VB6をとる」



この3つの簡単なノウハウです。



腹式呼吸はこのサイトが
分かりやすいです。

http://www.med.or.jp/komichi/holiday/sports_02_pop.html


 




そして、朝に太陽の光を浴びると
セロトニン神経が活性化します。


朝に起きたらすぐに、
カーテンをあけましょう。



 




最後の、「トリプトファン+VB6」
セロトニンの原料です。


これを摂取すると、
私たちの脳でセロトニンが作られます。



この2つが入っている食材は

「かつおぶし」
「ヒマワリの種」
「バナナ」


などです。



この動画で
セロトニンを多く含む物質の
食材を紹介しています。
  ↓





まだまだ言いたいことはありますが、
長くなったので、
このあたりで終わりにします(^_^;)



伝えきれなかったことは
メルマガやグループ内のレポートで
配布していこうと思っています(^_-)






★『読んで意識するだけで、
 心と身体がストレスとは無縁になる方法』
 メルマガの登録はこちらから

http://mail.os7.biz/m/hGB0


メルマガバックナンバーはこちらから
http://mail.os7.biz/b/hGB0

★ご意見・ご質問はこちらまで
http://form.os7.biz/f/678324d2/


あと、こんな話に興味がある方は
ぜひ、こちらのグループに(´∀`)

「薬を使わず心と体のストレスを解消する方法ページ」
 https://www.facebook.com/groups/385699811548126/


※上記のグループページで
『薬を使わずに花粉症を撃退する方法』
のレポートを無料配布中です(´∀`)


最後まで長文をお読みいただき
ありがとうございます(*^_^*)


 

この記事に関連する記事一覧

★期間限定★無料レポートプレゼント!!

人気の投稿とページ
アーカイブ
オススメサプリ
 
デート