薬を使わない

ストレス解消法|薬を使わず心と体のストレスを解消する方法

野菜の栄養素が減っている



今日は

 

「野菜の栄養素が減っている」

というテーマです。






日頃健康を意識して、積極的に野菜を食べている人が

ガッカリするようなデータがあります。

 



 



 

ほうれん草や小松菜のビタミンCが昔にくらべ約半分…

 

そのほかブロッコリー・ニンジン・キャベツ・ジャガイモ・ごぼう

 

・トマト・かぶ・ニガウリ・ニンニクなどの

 

多くの日本の野菜の栄養素が低下しています。

 



 



 

18年間の間に

ほうれん草(100g中のビタミンC)  65mg → 35mg

小松菜(100g中のビタミンC) 75mg →39mg

と約半分に下がっています。

 



 

その他の多くの野菜も、

ビタミンやミネラルの栄養素が低下しています。

 



 



 


 「昔と野菜の味が違う」「水分が多く、味や香りがなくなった」

と感じる事がありますが、それらは野菜の持つ

 

ビタミンやミネラルに関係します。 

 



 



 

このような栄養素不足の野菜が氾濫している背景には、

化学肥料を使う農業が大きな理由です。

 


約50年前の自然堆肥を使っていた土壌は微量ミネラルが

 

土にたくさん含まれていましたが、化学肥料を使う現代の畑では

 

それらが少なく、作物に栄養が吸収されなくなっている

 

という事が分かっています。






 また栄養よりも「見た目や利便性」にこだわる

 

品種改良による影響もあります。

 

現代の野菜はみなまっすぐで形が揃い、

 

1年中いつでも手に入りやすくなりました。

 



 

土を選ばず病気に強い新しい品種の野菜は、

 

栄養素が低い傾向にあります。

大量に収穫される結果土地が痩せ、どんどん栄養素が

 

元の野菜より少なくなってしまうのです。

 



 



 


そんな現代で、なんとか栄養を摂取する方法は

できるだけ「旬」の野菜をとることか、

不足している栄養素をサプリで補う方法
です。

(ほとんどの市販のサプリは体に悪いものばかりですが…)

 



 



 

今では、スーパーで一年中野菜が売られることにより、

なかなか旬の野菜がわからなくなってしまっています。

 

自然の摂理として、「旬」の野菜はそれ以外の季節に比べ

 

栄養素が充実しているものです。

 

野菜の栄養素低下の防衛としては、

 

できるだけ季節にあった野菜を食べることが望ましいでしょう。




 

この記事に関連する記事一覧

★期間限定★無料レポートプレゼント!!

人気の投稿とページ
アーカイブ
オススメサプリ
 
デート