「発癌物質」タグの記事一覧

偽装魚・代用魚の偽物回転寿司…美味しい”奇形・薬漬け魚”を食べている!?

└食品添加物

代替魚や偽装魚は害がなければ、まだ許せるのですが、最も怖いのは薬漬け、病気・奇形魚。 私たちが食べる魚の多くは”養殖物”です。狭い生け簀で大量飼育するから病気も多い…だから、抗生物質は欠かせないのです。 抗生物質を大量に与えられた魚の中には遺伝子が変異して片目しかないとか体がねじ曲がったものが発生します。 常識的には廃棄ですが、せりにも出せないようなこの奇形魚が回転寿司に流通するのです

福島第一原発以来、「食の安全」は…!?

└放射能汚染

以上ざっと簡単に説明しましたが、放射能は絶対に避けたほうがいい!ということをお伝えしたかったのです。 環境の中にある放射性物質は、各放射能の『半減期』によってしか毒性が弱まらないのです。 一番多く含まれている「セシウム137」は、放射線量が半分の強さになるまで『30年』もかかります。 1/4になるには、『60年』かかるのです。 一度体内に取り込むと一生放射能と付き合って生きていかなければならないのです。

福島第一原発の”放射能被害”は終わったと思ってませんか?~汚染水問題~

└放射能汚染

構内にある放射能汚染水タンクからは、これまでにも何度も漏水トラブルが発生しています。 6月5日のタンクからの漏水については、さすがの東電もすぐにマスコミに公表しました。 汚染水タンクは溶接しておらず、部材をボルトで締め付けてあるだけなのです。 大きな地震が来れば、放射能汚染水で満杯になったタンクは、簡単にボルトが吹き飛んで破壊されてしまうでしょう。 そうした“ネジで仮止めされただけの”汚染水タンクは、原発構内にすでに数百基もあり、今後、倍増されるのです。 何十万トンもの放射能汚染水が原発構内に流れ出したとき何が起こるのか…

ページの先頭へ