「├農薬、遺伝子組み換え」の記事一覧

遺伝子組み換え食品の問題点③「知らずに食べてる異性化糖」

├農薬、遺伝子組み換え

アメリカ産のコーンスターチは輸入されているほぼ全量が遺伝子組み換えされているので、 かなりの量のGMトウモロコシが異性化糖に化けて私たちの食卓に上っているのです。 だいたい、国民一人当り毎年10Kgの異性化糖を食べているという計算になるみたいです。 遺伝子組み換えはコストが安い分、安全とは言い切れないのに、消費者にはそのリスクが知らされていない。

農薬の汚染問題…【農薬汚染食品】

├農薬、遺伝子組み換え

農薬については、賛否両論あるとお伝えしましたが、医薬品や農薬の試験は長くて数年の短いスパンの毒性しか発見できません。だから、医薬品でも、市場に出回ってから副作用が見つかるというケースが多々あります。 農薬に関しても、長期的に摂取したとき、どんな悪影響が出るかは、不明なのです。

ページの先頭へ