「●ワクチン接種の危険性」の記事一覧

インフルエンザワクチンは打つほうがいい?打たない方がいい?

●ワクチン接種の危険性

・インフルエンザワクチンの隠された真実・インフルエンザの副作用の真実・インフルエンザワクチンが必要な人は?・インフルエンザ羅患率はたった6%?・インフルエンザの不顕性感染 について・インフルエンザをワクチンなしで予防するには?・日本は、80%のタミフル消費国(薬漬け国民)・タミフルは使わない方がいいのか?・高熱が出た時のベストの対処法

副作用のないワクチンない!? ~ワクチンの副作用は添加物で起こる?~

●ワクチン接種の危険性

病原菌が入っていることもリスクですが、危険なのは”病原菌”だけではありません。それに使われる『添加物』です。ゼラチン(アナフィラキシーの疑い)アルミニウ塩(認知症の疑い)抗生物質(アレルギー、血液障害の疑い)、ホルマリン、防腐剤(水銀化合物など)…こんなものが「添加物」として使われていることがあります。これらの化学物質によって、腫れ、発赤、発疹、痙攣などのアレルギー反応が起こることもあります。

ページの先頭へ